MENU

マジンドールは通販購入出来る?購入販売出来ないから他の食欲抑制剤があります

マジンドールを通販購入して簡単にダイエットしたいという人へ

 

 

肥満外来ではサノレックス(マジンドールが成分)というお薬が食欲を抑制させるために処方されます。

 

肥満外来でマジンドールを処方されるには、肥満症と診断される必要があります。

 

肥満症は医学的な減量治療が必要となる疾患です。

 

肥満症として病院やクリニックでマジンドールが処方され保険適応するのは肥満度が70%以上、またはBMIが35以上の高度肥満者のみです。

 

男性の平均身長である170cmで約110kg以上
女性の平均身長155cmでは約85kg以上が、
BMI35以上の目安です。

 

マジンドールの薬価は200円ほどなので、通院回数や合併症などによって費用は変わってきますが、保険が適用されると1錠あたり約50円〜200円です。

 

肥満症を扱っているクリニックや病院で処方してくれます。

 

しかし、食事療法や運動療法を指導され、なかなか処方してもらえない場合もあり、普通の内科などではそもそも取り扱いがないことがあります。

 

保険なしの自由診療の場合は約500円〜1,000円と高額です。継続して服用しなければならないため、3ヶ月間継続したとして、単純計算で約5万円もかかります。

 

マジンドールは個人輸入、アマゾン、楽天、市販でも買えない

 

医療用のダイエット薬であるマジンドールは、海外ではドラッグストアや通販で手軽に購入できますが、日本では「薬事法、麻薬及び向精神薬取締法」という法律によって取り扱いが定められており、通販および個人輸入が禁止されています。

 

第三種に指定されている向精神薬で、医師の処方箋がなければ手に入れることはできません。

 

一般的に肥満度が70%以上またはBMIが35以上である高度肥満者に対してのみ、処方の対象となります。

 

食事療法や運動療法の補助として利用され、この場合は保険が適用されます。

 

よって、マジンドールは個人輸入、アマゾン、楽天、市販でも買うことができません。利用したい場合は、内科や肥満外来を受診し、医師から処方箋をもらう必要があります。

 

マジンドール以外の食欲抑制剤もある

 

マジンドールが通販や個人輸入で手に入りませんのでマジンドール以外の食欲抑制剤をご紹介します!

 

ファスティン

 

ダイエットに効果的なサプリメントはいくつか販売されていますが、中でもファスティンは、医療機関で処方されるマジンドールという医薬品を服用した時に感じられます、食欲抑制の効果に近い状態をもたらしてくれるものですから、ダイエットの成果をあげることができます。

 

ファスティンの成分には、フェニルエチルアミンアルカロイドと呼ばれるものが含まれていますが、この成分はとても重要な働きを行っていて、過剰な食欲を抑えるために脳内伝達物質に働きかけてくれているのです。食欲が抑えられますので、食べ過ぎてしまうことを防ぐことができ、医療機関で処方されているマジンドールに近い効果のファスティンがおすすめです。

 

 

 

 

リポドリン

 

ダイエット効果が期待されるサプリメントのひとつに、リポドリンがあります。リポドリンを飲んで感じられる効果には、汗が出やすくなることや食欲が抑制されること、短期間でダイエット効果が期待される人もいることになるでしょう。

 

そのうれしい効果をもたらしてくれる成分ですが、エフェドリンと呼ばれる主成分が、発汗を促してくれたり食欲を抑制してくれたりするとされています。多くの人がリポドリンを摂取されてダイエット効果を感じられていますので、おすすめしたいものです。食欲が「リポドリン」を摂取されますと抑えられますし、汗が出やすくなるものですから、ダイエットの効果が感じられないという方は、試されてはいかがでしょう。

 

 

 

 


ザントレックス

 

ザントレックスは、簡単に言うと食欲を抑える効果のあるダイエットサプリメントです。食事を摂る15分前に1回2錠を水で飲むだけで、そのあとの食事での暴飲暴食を抑えてくれる働きがあるのです。また、食欲を抑えるだけではなく新陳代謝を活発にし、脂肪燃焼効果も高めることで効率の良いダイエットをすることができます。実際に医学的な検証がおこなわれていて、結果45週間で平均して約5キロの減量に成功しています。
ダイエットには最大の強みとなる、食欲の低下ですがザントレックスに使われている成分は天然由来のものだけです。たとえば朝鮮人参、マカの根、ガラナ種、緑茶エキス、カカオエキスなど、その他にも何種類かの天然由来成分が入っています。

 

 

 

ゼニカルは脂肪を排出する薬として痩せたい方に人気です

 

 

脂肪吸収を抑制するゼニカルも人気のダイエットのお薬です。

 

特に脂っこい食事が好きという方ならゼニカルがおすすめです。

 

ゼニカルは美容外科ではダイエット目的で処方されるお薬でサノレックス(マジンドールの薬品名)と一緒に処方されます。

 


ゼニカル

 

ゼニカルは脂肪を吸収する働きを抑制します。

 

ゼニカルはスイスの肥満治療薬として売られており脂肪をそのまま排出するので脂溶性ビタミンも一緒に流れてしまいます。

 

ゼニカルを服用するならばビタミン剤を一緒に飲むのが良いでしょう。

 

 

甘いものが好きならカーボブロッカーがおすすめ

 

 

糖質や甘い物がどうしてもやめられないなら糖質吸収抑剤のカーボブロッカーが効果的です。

 

甘い物が大好き!ご飯やパスタ、パンなどの炭水化物も好き!という方のダイエットはガマンばかりで辛いですよね。

 

カーボブロッカーは白インゲンマメエキス、シナモンエキス、クロム等が配合されていて特に白インゲン豆エキスが炭水化物の分解に繋がる酵素の働きを抑制します。
よって炭水化物の吸収を抑え排泄が促進されます。

 

炭水化物や糖質が吸収されず摂取カロリーを低く出来るのでダイエットに効果を発揮します。

 

カーボブロッカー

 

 

 

マジンドールとゼニカル、カーボブロッカーを比較

 

マジンドールとゼニカル、カーボブロッカーは何が違うか比較してみますね。

 

食事量を減らすだけのダイエットは、単に細胞を飢えさせるだけです。

 

飢えた細胞は、次に飢えても大丈夫なように、より一層エネルギーを溜め込むようになります。
そうして溜め込まれる無駄なエネルギーを、人は、脂肪と呼びます。

 

単に食事量を減らすだけのダイエットでは、脂肪を溜め込みやすい、より太りやすい体を作っているのと同じこと。リバウンドは起こって当然と考えるべきです。
本気で痩せたければ、脂肪を減らしましょう。

 

マジンドールは、食欲を抑える効果によって、食事量を減らし体重を減らす℃魔めざします。
ゼニカルは、脂肪を体の外に排出して、カーボブロッカーは脂肪を吸収するのを抑え結果的にダイエット効果をもたらし痩せられるサプリメントです。

 

リバウンドしてもいい、きれいに痩せられなくていい、というなら、選ぶサプリはマジンドールでも構いません。
本当の意味でダイエットがしたい方なら選ぶサプリは、ゼニカルやカーボブロッカーです。

 

食欲抑制剤・ゼニカル・カーボブロッカーは個人輸入で輸入で通販購入した方がおすすめ

 

 

食欲抑制剤もゼニカルやカーボブロッカーも通販・個人輸入で購入するのが安いのでお得です。

 

食欲抑制剤やゼニカルは簡単に痩せられる薬としてまとめ買いする方も多く人気ですしリピーターも多いです。

 

病院に受診して処方してもらえば受診料がかかるので高額ですが個人輸入で購入すれば処方箋が不要な上に薬も安価です。

 

お金をかけずに食欲抑制剤やゼニカル、カーボブロッカーを購入するなら個人輸入がおすすmです。

 

 

ゼニカルの口コミ

 

ゼニカルを実際に飲んで体験した方の口コミです。

 

どちらかと言えば甘い物より脂っこい物が好きでカロリーを多く摂っていた私はなかなかダイエットしても続きませんでした。
家族が揚げ物が好きで作るので自分もついつい食べていたんですよね。
ある時脂っこい物が好きな人にはゼニカルがいいと知って通販で買ってみました。

 

食事制限していなくてもするするっと体重が減っていったのでガマン無くてもダイエット出来よかったです。

 

40代になって何も気を遣わず生活していたらいつの間にか体重が若い頃より段々増えていきました。
なんとかしなくちゃと思い自己流でダイエットしましたがなかなか食欲をコントロールするのが難しかったです。
酵素を飲んだり、プチ断食したりしましたがしばらくすれば戻るのであまり効果は感じず辛かったです
ゼニカルは油を吸収しないと知って個人輸入で買いました。
トイレに行くとすごく出ますし、脂っこい物を食べても痩せていきました。
簡単にダイエット出来たと実感出来て本当にうれしいです。

 

>>ゼニカルはこちら

 

カーボブロッカーの口コミ

 

カーボブロッカーを実際に飲んだ方の口コミ、体験談をご紹介します。

 

3か月でマイナス8kg減りました!
カーボブロッカーの口コミが良かったので気になって購入してみました。

 

40代で基礎代謝が落ちたのかちょっとダイエットしただけではなかなか落とせない体になっていきました。

 

パンやご飯を抜くととてつもなく空腹になるので耐えられずカーボブロッカーなら糖質を抑えてくれるので痩せられたのだと思います。

 

運動は特にせず仕事は事務職であまり運動量は多い方だとは思えないほどです。

 

カロリーはいつもより腹8分目を心掛けていただけです。それでも痩せられたのでカーボブロッカーは手放せません。

 

私はカーボブロッカーをリピート注文しています。

 

炭水化物や甘い物が好きなので時々たくさん食べすぎてしまいます。
なのでオルリファストよりもカーボブロッカーの方が飲む頻度が高いです。

 

何をしても痩せませんでしたがカーボブロッカーを飲んで3か月で5kg痩せました。

 

継続して飲んでいくつもりです。

 

カーボブロッカーは食べすぎたあとでも意外に体重が増えないので効果があるんだろうと感じていました。
でもちゃんと3食普通に食べて、バランスよい食事を心がけていたらみるみる痩せて行きました。
今までが食べすぎだったんだと実感しました。

 

>>カーボブロッカーはこちら

 

マジンドールが通販・個人輸入、アマゾン、楽天でも買えないのはなぜ?

 

マジンドールは個人輸入、アマゾン、楽天などでの通販サイトでは残念ながら買えません。

 

マジンドールが通販では買えないのはマジンドールは中枢神経興奮剤であるアンフェタミンと似た特性があるので精神薬に指定されたのが理由です。

 

今マジンドールは病院で医師が処方する以外は服用する事は出来なくなっています。

 

BMIが35以上の高度肥満患者であれば保険適応され肥満外来でもらう事が出来ますがBMI35未満の場合は自由診療ですので金額はとても高いです。

 

  • BMIが35以上の方でも近くに肥満外来が無い
  •  

  • BMIが35未満で保険適応にならない
  •  

  • 通販で買える食欲抑制剤や痩せる薬がほしい

 

という方なら当サイトがおすすめしている薬を試してみてはいかがでしょうか。

 

マジンドール以外の痩せる薬・ダイエット薬人気です

 

残念ながらマジンドールは通販では買えません

 

ですがマジンドール以外にも食欲抑制剤ががあり、ゼニカルやカーボブロッカーで脂肪吸収や糖質吸収を抑制する事が出来ますのでダイエットするなら個人輸入で購入する方がとても多いです。

 

ダイエットを一人で行うのはとても難しいと感じているならば薬で簡単に痩せるので試してみましょう。

 

1人でダイエットを成功させられず落ち込んだり自分はダメだと感じる必要はないのです。

 

マジンドールを肥満外来で処方してもらう以外に通販で買えるダイエットの薬はいくつかありますので上手に使って諦めていたダイエットをぜひ成功させましょう!

 

マジンドールの効果、成分、痩せる理由について

 

マジンドールの効果や成分、なぜ痩せるかについてご説明します。

 

厚生省から認可をうけた肥満治療薬であるマジンドールは、エネルギーの摂取を抑え消費エネルギーを高める効果があります。

 

また、肥満時によくおこる代謝の変動を改善する作用が主な効果です。このように摂取エネルギーより消費エネルギーが多くなることで、ダイエット効果が期待できます。

 

マジンドールを服用するだけで痩せるというわけではありませんが、充分に食事バランスを考え消費カロリーを多くするための運動をしっかりとすることでダイエット効果を高めます。

 

マジンドールは、食欲中枢への直接作用と脳内のアドレナリン、ドーパミン、セロトニンなどを抑制する効果で消費エネルギーの促進と食欲の抑制をはかります。

 

マジンドールの服用方法としては、1日1回が目安です。

 

食欲を抑える効果をもたらす薬なので、食前の30分〜1時間前に服用しておくことをおすすめします。

 

食事をする直前などの服用では、薬の効果が作用しにくくなるので、服用するタイミングには気をつけえましょう。

 

また、服用期間は3か月以上続ける事は出来ません。

 

マジンドールの服用中は、お米やパンなど高カロリーの炭水化物は控えておくとよいでしょう。

 

マジンドールの副作用

 

マジンドールの副作用で一番危険なのが依存性の高さです。

 

このマジンドールは覚せい剤と同じ脳内物質の再取り込みを抑制する効果があります。

 

もちろん覚せい剤に比べて体に害があるほどの効力は無く、飲み方や正しい量を守っていれば副作用は特に問題ないのですが、ダイエットへの強い思いが一点にだけ向かっている方などは飲み方や正しい量を守れるとは限りません。

 

大きな効果を得るために飲む量を増やしてしまい、使用中に不眠に悩まされたり飲むのを止めたらリバウンドしてしまったり、それが元でうつ症状が出るといった悪循環になってしまった例もあります。

 

注意するには、副作用のリスクもあるので薬に合わせた食事や運動での生活改善と、適切な量と指定された飲む継続期間をしっかりと必ず守ることが重要です。

 

もう一つ危険とされているのが、マジンドールには覚醒作用がありそれが原因で「不眠症」の副作用が出てしまう場合もあります。これも先ほどの例のような飲む量を増やしてしまった場合に起こるそうです。

 

他にも吐き気や下痢などの消化器系、胸の痛みなどの循環器系、むくみやしびれが出るなどの副作用が出てしまう例は人それぞれに違いがありますが、医師からのアドバイスをよく聞き、飲み方や適切な量、飲む継続時間や期間などをしっかりと守れば効果的なダイエットが期待できます。